093-701-3501
  • thermalanalysis-Japan
  • 熱の容量計算や熱解析など
    ご相談承ります

COVID-19
感染拡大の環境下での2021年1月からの業務について>
2021.05.07
熱解析のページを追加しました

熱解析に関するページを追加致しました。   九州日昌は熱源だけの熱解析でなく、システムとして熱解析を… 続きを読む

2021.04.01
ゴールデンウィーク休業日のお知らせ

平素は、格別のお引き立てを賜りまして厚く御礼申し上げます。 弊社では、誠に勝手ながら下記日程を休業日とさせて頂… 続きを読む

2020.12.04
年末年始休業のお知らせ

平素は格別のお引き立てを頂き厚くお礼申し上げます。 弊社では、誠に勝手ながら下記日程を年末年始休業とさせて頂き… 続きを読む

電熱機器のエキスパートとしてお客様の過熱工程をトータルサポート 電熱機器のエキスパートとしてお客様の過熱工程をトータルサポート

多様な分野の製品における製造工程で、貴重な役割を果たす加熱工程。
私たちはその技術を駆使してお客様をサポートし、新たな付加価値の
創造を目指しています。お客様のニーズにただそのまま応えるだけで
なく、その背後にある課題を見つけ出して、より高い水準の提案をす
ること。たとえ既存の技術・機械を使う場合でも、何らかの発見や創
意を盛り込んでいく。それが、私たちの技術力や企業力を伸ばし、
お客様のより高いレベルでの満足につながると確信しています。
第三者を介することなく、常にお客様との密度の高いコミュニケーシ
ョンをベースに、私たちに何ができるかをトータルに考え、そして作
り出していくために、私たちは更なる努力を重ねていきます。

市販のステンレス製ヒータブロック

一般的に販売されているステンレスのブロックでは、右の解析画像のように 温度分布は中心と外側に聞きがあります。 このような状態ですと、ワークに与える熱もムラになり歩留りとなってしまいます。

市販のステンレス製ブロックと弊社粗密巻ヒータとの組合せ

弊社のもう一つのコア按術である粗密巻ヒータ。ヒータ単体でより均熱に加熱できるように、 両端と中心のワット数を調整。このヒータを使うことにより、市販のヒータを使うよりも 温度ムラをなくすことができます。

均熱ヒータブロック

九州日昌の独自技術を応用した均熱ヒータブロックと粗密巻ヒータを組み合わせることにより、 右の図のような均熱を実現。
九州日昌にしかできない均熱技術で御社の熱処理ニーズを必ずご満足させます。

九州日昌の均熱技術により、このような効果をお約束致します。
歩留りの解消

歩留り解消により
製造コストを削減

設備の省スペース化

設備縮小のより工場の
限られたスペースを有効活用

製品・サービス一覧
温度制御機器
このページの先頭へ