スタック型加熱装置の特徴

「スタック型加熱炉タイプ」ページへ戻る

一定加熱方式/2段階加熱方式

ユニットの説明
供給、排出及び収納部 ローダー、アンローダーを専用設計する事により様々なインライン仕様に対応可能。
○マガジンtoマガジン
○コンベアtoコンベア
○マガジンtoコンベア
○コンベアtoマガジン
さらにバッファーを設ける事で前後装置とのタクト差の緩衝できる。
搬送部 ワークをすくい上げての搬送を、採用する事でワークへの物理衝撃(ダメージ)を激減。
パーティクルの発生も抑えられます。又経年変化が少ない為ランニングコストも抑えられます。
加熱部 安定した均熱性能!!
1・均熱(△t:3~8℃)
2・外乱の影響が少ない(温度保持性能:±0.5℃)
3・輻射板による高速昇温(熱風循環と比べて)
4・両面加熱によりワークの変形が小さい。
操作部 ・操作しやすいタッチパネル
・加熱時間、装置の状態などが一目でわかる