技術資料

熱計算の基本公式

オームの法則

抵抗体(R)に電力(V)を印加すると、電流(I)が流れ下の関係が成立し、
また、電力は電気のなす単位時間あたりの仕事のことを言います。

I=電流(アンペア・A) E=電圧(ボルト・V) 
R=抵抗(オーム・Ω) W=電力(ワット・W)

 

電力と熱量

ジュール熱

抵抗R(オーム)の抵抗体に電流I(アンペア)をt秒間連続して流すと、抵抗体中に発生する熱量は、下記の式で表される。

熱量の単位

水1グラムを1℃温度上昇させるに要する熱量を単位にとり、これを1カロリーで表します。また、一般にはキロカロリー、キロワット時でも表します。

MKS単位系では、熱量の単位はエネルギーの単位ジュール(J)を用いますが、普通キロカロリー(Kcal)が多く用いられます。

1[Kcal] = 4186.5[J]

これは、1[Kwh]=860[Kcal]という関係式から次のように導かれます。

その他の単位換算
  J kcal cal kwh
J 1 2.40×10-4 0.24 2.778×10-7
kcal 4186.5 1 1000 1.16×10-3
cal 41865 0.001 1 1.16×10-6
kwh 36000000 860 860000 1
ページ先頭へ

合成抵抗

単相結線と合成抵抗

①線電圧(E)、容量(W)のヒータを結線した場合。

②線電圧(E)、容量(W0)のヒータをn個直列に接続した場合(直列接続/シリーズ結線)

③線電圧(E)、容量(W0)のヒータをn個並列に接続した場合(並列接続/パラレル結線)

ページ先頭へ

三相交流回路と合成抵抗

線電圧E(V)の平衡三相交流回路にデルタ[Δ]または、スター[Y]結線した場合、電圧、電流、電力の関係は下記のように表すことができます。

①Δ結線(デルタ結線)


EL=線電圧[V] IL=線電流[A] I=相電流[A] R=抵抗[Ω] W=電力[W]

②Y結線(スター結線)