ロバートショウ EA19P

<特  徴>

EA19型は特殊液体のNaK(水分と激しく反応する性質があります。感熱部が折れた場合には、容器に入れふたをして処理して下さい)を封入することで、今まで液体膨脹式サーモスタットの上限制御可能温度300℃を打ちやぶり、450℃までに温度調整の幅を広げました。

感熱部とキャピラリーは、SUS321ステンレスを用いた、キャピラリーと一体成型されているため、ロー付け不良による液漏れは解消されております。

<仕  様>
 スイッチ機構  SP-ST(単極単投)スナップ式 / 強制OFF付
 スイッチ動作  温度上昇でOFF
 ディファレンシャル  15℃max
 電気定格  30A 277VAC (抵抗負荷)
 18A 250VAC (誘導負荷)
 モーター負荷
 125VA PD120~277VAC低電流
 封 入 液  NaK液
 キャピラリー長  1200㎜
 感熱部・キャピラリーの材質  SUS321ステンレス一体成型品
 感熱部耐久温度  520℃
 強制OFF機構

F液圧のサーモスタットはOFF時において、周囲温度が極端に下がった場合、通常ダイヤフラムが収縮して接点がONすることがあるため、機械的に可動接点をOFF状態に固定し常にOFF状態を保持する機構。

型  番 温度調節範囲 感熱部 (㎜) 感熱部およびキャピラリー スイッチ動作
直径D 長さA 長さB
  EA-19P 150~450℃ 3.9 220 205 SUS321 温度上昇でOFF
  EA-19(REV) 150~450℃ 3.9 220 205 SUS321 温度上昇でON
  EAC-19P 150~450℃ 3.9 220 205 SUS321 温度上昇でOFF
  EAC-19(REV) 150~450℃ 3.9 220 205 SUS321 温度上昇でON
 (ベゼルなし)
  結線図   寸法図