マガジン加熱装置
■マガジン加熱装置  ■マガジンキュア装置(ラックタイプ)  ■マガジン加熱装置(SMH-141)

マガジン加熱装置
  

 

 

マガジンキュア装置(ラックタイプ)



 概要
この加熱装置は、キャリアやリードフレームを収納したアルミマガジンを1 炉に1 マガジンづつ入炉し、ステップ昇温を可能にした装置です。

小型加熱炉をラックに8 台並べてそれぞれに単独制御できるシステムを組み込んでいます。

1台の制御BOXに1 台の加熱炉の組合せから複数個の加熱炉の組合せまで製作可能です。
基本は“均熱精度”の優れた加熱炉です。



マガジン加熱装置(SMH-141)
外形寸法 W320×D380×H944
(シャッター閉時)
炉内寸法 W172×D277×H294
(マガジンサイズにより変更可)
電源 単相200V 15A
圧縮空気 0.5Mpa
窒素 0.3Mpa  25L/min
設定温度 40℃〜300℃
温度精度 設定温度に対し ±3℃
制御 オムロン製シーケンス
シマデン製温調器
SSR  PID

九州日昌独自の”均熱技術”を発展させた設備です。
電子部品、半導体等の製造工程で近年特に”熱の精度”を要求されます。
また、”環境に優しい”設備創りを求められます。

マガジン加熱装置(SMH−140)は従来の加熱プロセスを踏襲しながら効率と省エネを実現しました。
マガジン単位で加熱と冷却を行います。

一定温度の加熱プロファイルからステップ(階段)加熱プロファイルまでプログラムコントロールによって実現できます。


【初期操作フロー】
電源ON→ヒータON→(昇温完了信号)
【連続操作フロー】
シャッター開→マガジンセット→シャッター閉→自動運転スタート→自動運転終了

 

 


 
Copyrightc 2008 KYUSHU NISSHO Co.Ltd All Rights Reserved.